意外と知らない!?自己破産のメリット・デメリット

債務整理が困難な時は自己破産

キャッシングや消費者金融の借金など、複数の債務が重なって返済に困っている人は、今後どのように借金を返済していく計画でしょうか。月収から借金返済分の金額を差し引いて、食費や水道代、光熱費などの、必要最低限の生活費が残らない場合は自己破産を考えましょう。自己破産と聞くとマイナスイメージを持つ人が多いですが、債務で日常生活に支障をきたすなど、経済的困窮状態に陥った場合に行使する権利として法律でも認められています。

自己破産のメリットとは

裁判所が免責許可を出し自己破産が成立すると、すべての債務の返済義務がなくなり、債権者が取りたてを行うことが禁止されます。権利が一部制限されますが、選挙権も剥奪されないし、パスポートも取得できます。金銭に変換可能な資産などは没収されますが、生活に必要な家財道具は取り上げられないように定められています。一定期間、金融機関から融資を受けることはできなくなりますが、借金のないまっさらな状態から再出発することができるメリットのほうが大きいのです。

自己破産のデメリット

自己破産しても最低限必要な財産は手元に残して生活できますが、いくつかの権利が制限されてしまいます。有名なのがブラックリストに掲載されることで、融資をしている金融機関からは5年から10年はお金を借りることができなくなります。弁護士や公認会計士などの士業に就いている人は、破産後、1年は職に就けなくなります。政府が発行する官報に掲載され、検索すれば過去に自己破産したことが分かり、社会的信用が失墜するリスクがあります。

債務整理を行う際に、任意整理や民事再生での借金返済が不可能と判断された時に利用するのが自己破産です。