短期的な視野が必要!?信用取引の買いのポイント

長期間持っているべきではない

信用取引というのは、長期間の保有には向かない株式の取引です。信用取引というのは、レバレッジを利かせて取引を行うため、株を保有しているだけで金利をずっと支払っていかなければならなくなります。したがって、信用取引では長く株を持っているとその分損をしてしまうということにもなりかねないのですね。そのため、信用取引では短期的な視野が必要になってくるのです。制度信用取引では6か月という期限もあるので、なおさら短期間の取引でやるべきなのです。

基本的な考え方は現物株取引と同じ

いくら信用取引とはいえ、基本的な考え方は現物株と同じであり、要するに安く買って高く売るということですね。信用取引の場合自分の本来のキャパシティー以上の株を保有することができるので、いわば視野が広がるんですね。しかし現物株取引と違うところは、金利がかかるということと6か月という期限があるということです。同じように株を保有するという場合であっても、この違いを認識しながら取引をしていかなければならないということです。

信用取引は短期決戦向き

どんな投資方法であるにせよ、信用取引は短期決戦で勝負を決めなければなりません。そのうち利益が出てくるから買っておこう、という視野で信用取引をしてしまうと、結局損をすることにもつながりかねません。長期的な視野で取引をするのであれば現物取引で十分であるわけですよね。信用取引も現物取引も要は使いようであり、それぞれに合った取引のやり方というのがあるのです。両方の取引を臨機応変に使い分けることができれば一番ですね。

信用取引というとハイリスクだと考える人が多いですが、最近ではネットの普及により情報量が膨大になったため、投資リスクは低減しています。