信頼関係が大切!個人契約の家庭教師でやってはならないこと

時間にルーズになること

個人契約で家庭教師をするときには間に仲介する企業がないことから教師と家庭の互いの信頼が重要な要素になります。それを崩すようなことをしてしまうと契約が破綻することになりかねません。その基本となるのは時間に対してルーズにならないことです。時間通りに指導にきて時間通りに予定通りの指導を行えるということは家庭からの信頼を得る上で不可欠のことであり、時間に関してルーズになってしまったときにはクビになるのを覚悟しなければならないでしょう。

本人のいないところで評価すること

個人契約をしている家庭教師が生徒のことをどう評価しているのかということは親としては気になるところであり、何かのタイミングで聞かれることも多々あります。その際に良い点を褒めるにしても悪い点を指摘するにしても本人のいないところでは行わないことが大切です。良い点を褒められれば生徒は喜ぶのが当然であり、今後の前向きな姿勢につながります。悪い点を指摘されるのは生徒にとっては辛いことですが、親に陰で告げ口をされたと思われて関係が悪くなることを割けることができます。親からも悪い点は本人に対しても指摘できる人だという信頼を受けることができる方法なのです。

契約を取るために派遣会社を利用すること

個人契約で家庭教師をする先を見つけるのはそれほど容易なことではありません。しかし、時給も高く、家庭との関係の取り方にも自由があることから個人契約でバイトをすることを望む人は多数います。そういったときに決してやってはならないのは派遣会社に登録して家庭教師先を紹介してもらい、家庭に対して個人契約を申し出るということです。派遣会社との契約上で禁止されているだけでなく、契約を守れない人として家庭からの信頼をなくすきっかけとなってしまうからです。

家庭教師のバイトの仕事を探す場合には高時給で色々と掲載されている求人サイトを活用してみると良いでしょう。